家庭用脱毛器で自宅でするのと脱毛サロンの違いは?

家庭用脱毛器と脱毛サロンの特徴
家庭用脱毛器は新しい機能のついたものや、何か突出したメリットを持ったものがどんどん店頭に並べられています。
脱毛サロンでは、肌に優しく効率的に脱毛する技術をどんどん打ち出してきます。料金や体制も以前とは違います。私たちが納得のできる料金表示と、他のサロンと技術や料金を比較できるような体制を作ってくれています。
家庭用脱毛器は、毛をシェービングするタイプ、抜いていくタイプ、毛根に働きかけてムダ毛を少なくさせるタイプに分かれます。家庭での脱毛は、その時々の必要性に応じて選べるという利便性があります。
旅行、海水浴などで必要なのは、すぐにでもムダ毛を取り去ることのできるシェービングタイプか、抜くタイプです。1年ほどかけて、きれいに脱毛できるという時には、光脱毛・レーザー脱毛のできる家庭用脱毛器を使っての脱毛が一番のお勧めです。家庭においても光脱毛・レーザー脱毛を行う際には、前後に肌を冷やすタイプのジェルなどで冷やす必要があります。
脱毛サロンなどでの脱毛では、施術前後のトリートメントをしっかりしてくれるところがほとんどですので、肌のダメージへの心配をしなくてすみます。帰宅後のケア指導もしてくれますので安心ですね。脱毛での肌トラブルが起きた際にも、提携ドクターのいるサロンが多くありますので、もしもの時には安心できますよ。
家庭用脱毛器でも、光・レーザーでの脱毛器は、一番の人気商品と言えます。サロンでの脱毛の特徴と照らし合わせてみて、自分に合う方を選びましょう。

2ude-2

家庭用脱毛器の合理性と今後の期待
家庭用脱毛器は、よく出来た製品です。
器械で脱毛をするというと、以前の製品は、毛抜きの器械版でただ毛を引っ張ったり、電気シェーバーなどでした。
最近では、エステや医療機関で使用される光を使った脱毛もできるようになり、エステなどに行くよりも家庭用脱毛器を使おうというのも、合理性のある理由の一つになっています。
自己処理で脱毛をしている方が多い中、いくらエステなどの専門施設が良いとわかっていても、脱毛で実際に行くことは困難な方も場合も多いです。
それが、家庭用脱毛器の光のものが登場したことで、もうエステに行かなくても、家庭で同じことができると悟った女性たちも多いことです。
家庭用脱毛器の合理性については、非もないことで、事実ツルツルのピカピカの仕上りが実現できています。
それだけ技術の進歩がすごいということですが、同時にやっぱり専門じゃなきゃという事故もあります。
無理に使用したり、危険な使いかたをしてしまうことで、肌トラブルを起こす事もあります。
使いかたを守り、肌トラブルを防止するためのケアを施す事などを注意することで、エステ並の仕上りができます。
最近では、男性の脱毛のブームとなりつつありますが、もちろんキレイな仕上りに、美肌男子も増加しています。
いまに、朝の髭剃りではなく、家庭用脱毛器の脱毛が、男性の中でも当たり前になってしまうことかもしれません。
家庭用脱毛器の普及はかなりの確率で高まっていますが、技術開発に関しては、まだまだ改善点も多いとされています。
今後の家庭用脱毛器に注目です。

家庭用脱毛器で大人気のケノン!痛くないの?

家庭用脱毛器といえば、ケノン!というほど、とっても人気なケノン。
とにかく人気すぎて、売り切れていることが多いんだとか。

毎日楽天ショップでセールなんてやっていれば当然売り切れますよね(;´д`)

ところで、そんな今おすすめの脱毛器であるケノン。

ケノンは脱毛器の中でも。お医者様お墨付き(有名な女医さんが高評価!)なので、安全性としてはとても高いです。

でも、従来の脱毛器はとにかく「痛い!」という声をききます。
そんな中、ケノンはどうなのでしょうか?脱毛サロン並みのパワーと性能を持つケノン。

試しに使ってみました。

写真ないですが、お察しください。(恥ずかしいんです)

まず。使い方としては保冷剤で脱毛したい部分を冷やしましょう。
痛すぎるのが怖い人はがっつり冷やすと、冷やしの痛み?で痛みが軽減されるみたいです。

そして、照射。もちろん、レベルは10!(ワキとかの剛毛におすすめです)
10なんて怖いという人は5ぐらいにしてみるといいのではないでしょうか。

けっこうバチンバチンいうのかな~と思ってたら

「ピっ、ピッ」という照射完了の音が。

感覚としては、爪の先でつねったぐらいの痛みですかね。
よくレーザー脱毛である輪ゴムで弾かれた感じってこんな感じなんですかね。

まぁ、結論としては、よっぽど痛くはないってことですね。
さすが1位の脱毛器…恐るべし。

他にも脱毛器紹介してます。今おすすめの脱毛器はこちらからどうぞ。